freee公式編集部

クラウド会計ソフト freee (フリー)公式アカウント。小さな本屋を経営するドキュメ…

freee公式編集部

クラウド会計ソフト freee (フリー)公式アカウント。小さな本屋を経営するドキュメンタリー「freeeが書店をつくります」連載中です!

メンバーシップに加入する

2023年3月にスタートした連載「freeeが書店を作ります」。このメンバーシップでは、記事には盛り込みきれなかった、書店経営の裏側をお届けします。 「透明書店」店長の遠井と、freee社員であり書店オーナーでもある岡田・岩見が、不定期でPodcastを配信。 まるでバックヤード(従業員控え室)のような愉快な内緒ばなしを、ぜひお楽しみください。無料で参加できます!

  • 透明書店バックヤード

マガジン

  • freeeが書店を作ります

    スモールビジネスをもっと理解するため、freeeは2023年4月、東京・蔵前に『透明書店』をオープンしました。この連載では書店を開くための準備から、開店後の経営状況まで、リアルなレポートをお届けします。

  • あえ共freee

    • 176本

    freeeでの日々の取り組みを"あえて共有"しています。 freeeでの日々の取り組みや実験を広く共有することで、枠を超えて、会社や組織の今をもっとよくしたいと思っている人やバックオフィス・スモールビジネスの方たちの少しでも役に立てればと思っています。

  • 「つばめの巣」活動報告

    • 45本

    freee会計法人ユーザーコミュニティ「つばめの巣」の活動を報告するマガジンです。

  • freee Design Magazine

    • 123本

    freee株式会社のデザイン組織が運営するマガジンです。マジ価値を届け切るために日々デザイナー陣が取り組んでいる事例をご紹介します

  • Recruiting freee

    • 7本

    未来のfreeersに向け、職場環境やfreeeで働く想いを伝えるマガジンです。 メンバーの成長ストーリーなど社員インタビューを通じて、当社での働き方や成長の実際の体験を共有しています。

最近の記事

  • 固定された記事

会計ソフトの会社「freee」が、東京・蔵前で小さな本屋をはじめます

2023年4月。わたしたちfreeeは、東京台東区の蔵前という街で、小さな本屋をはじめます。 その名も「透明書店」。ちょっと、ふしぎな名前ですよね。 なぜ、クラウドサービスを運営するfreeeが、本屋をはじめるのか。なぜ従業員数1,000人を超えたいま、新たな子会社を作り、スモールビジネスを始めるのか……。 今日からスタートする特集『freeeが書店をつくります』では、このふしぎな本屋で起こる出来事を、第三者の視点から見つめ、リアルに記録・発信してもらいます。 以降はご自

    • 透明書店店長遠井の透明日報 2024/4/15 - 4/21 | 4月20日、オープン1年目最終日にして単日最高益更新!!

      スモールビジネスを深く知るため、「透明書店」をつくったfreee。店名の「透明」が示すのは、“ありのままの情報をオープンにしていく”という決意です。もっと透明であるために。店長遠井が記録する業務日誌をリアルにお届け! 月ごとの連載『お金まわり公開記』では、こぼれてしまっていた日々の小さなお金の動きやエピソードを発信しています。 【お知らせ】 透明書店では定期的にイベントを開催しています! 興味のあるイベントがあったらぜひお気軽にお申し込みください。 オンラインショッ

    • Slack全社展開プロジェクトの舞台裏: freee社内コミュニケーションツールの一元化への挑戦とそのみちのり

      みなさんこんにちは🌞フリー株式会社の上野夏実です。 freeeでは2024年の年明けとともに全社コミュニケーションツールを「Slack」に統一いたしました。このnoteでは、そのプロジェクトの裏側をご紹介しつつ、難しいプロジェクトを頑張る(頑張ってる)人へ、元気とヒントが届くといいなという思いとともに書いていこうと思います。 私と所属するチームCulture Infraチーム(通称:カルフラ)についてご紹介筆者について 改めまして、こんにちは!上野夏実です。ニックネームは

      • 透明書店店長遠井の透明日報 2024/4/8 - 4/14 | 『すてきな小さい出版社フェス』が大盛況!人が店内にたくさんいて、本を通して話をしているのを見るのはとても幸せな気持ちになると改めて感じた

        スモールビジネスを深く知るため、「透明書店」をつくったfreee。店名の「透明」が示すのは、“ありのままの情報をオープンにしていく”という決意です。 もっと透明であるために。店長遠井が記録する業務日誌をリアルにお届け! 月ごとの連載『お金まわり公開記』では、こぼれてしまっていた日々の小さなお金の動きやエピソードを発信しています。 【お知らせ】透明書店では定期的にイベントを開催しています! 興味のあるイベントがあったらぜひお気軽にお申し込みください。 オンラインショップ

      • 固定された記事

      会計ソフトの会社「freee」が、東京・蔵前で小さな本屋をはじめます

      • 透明書店店長遠井の透明日報 2024/4/15 - 4/21 | 4月20日、オープン1年目最終日にして単日最高益更新!!

      • Slack全社展開プロジェクトの舞台裏: freee社内コミュニケーションツールの一元化への挑戦とそのみちのり

      • 透明書店店長遠井の透明日報 2024/4/8 - 4/14 | 『すてきな小さい出版社フェス』が大盛況!人が店内にたくさんいて、本を通して話をしているのを見るのはとても幸せな気持ちになると改めて感じた

      マガジン

      • freeeが書店を作ります
        63本
      • あえ共freee
        176本
      • 「つばめの巣」活動報告
        45本
      • freee Design Magazine
        123本
      • Recruiting freee
        7本
      • freee サクセスマガジン
        76本

      メンバーシップ

      • テスト

        この投稿を閲覧できるプランは非公開です
      • 「棚主限定投稿」タイトルのテキスト

        この投稿を閲覧できるプランは非公開です
      • テスト

        この投稿を閲覧できるプランは非公開です
      • 「棚主限定投稿」タイトルのテキスト

        この投稿を閲覧できるプランは非公開です

      メンバー特典記事

        クラファンの目標達成👏 棚貸しスペースOPENに向けて、着々と準備中です! 【3月振り返り】︎(透明書店バックヤード15)

        「透明書店バックヤード」に参加すると最後まで読めます

        クラファンの目標達成👏 棚貸しスペースOPENに向けて、着々と準備中です! 【3月振り返り】︎(透明書店バックヤード15)

        クラファンの目標達成👏 棚貸しスペースOPENに向けて、着々と準備中です! 【3月振り返り】︎(透明書店バックヤード15)

        ギャラリースペースでの新たな試み、『東京となかよくなりたくて』展を開催! 【2月振り返り】︎(透明書店バックヤード14)

        「透明書店バックヤード」に参加すると最後まで読めます

        ギャラリースペースでの新たな試み、『東京となかよくなりたくて』展を開催! 【2月振り返り】︎(透明書店バックヤード14)

        ギャラリースペースでの新たな試み、『東京となかよくなりたくて』展を開催! 【2月振り返り】︎(透明書店バックヤード14)

        句会、歌会どちらも初心者の人にこそ来て欲しい!【2月振り返り・後編】︎(透明書店バックヤード14)

        「透明書店バックヤード」に参加すると最後まで読めます

        句会、歌会どちらも初心者の人にこそ来て欲しい!【2月振り返り・後編】︎(透明書店バックヤード14)

        句会、歌会どちらも初心者の人にこそ来て欲しい!【2月振り返り・後編】︎(透明書店バックヤード14)

        蔵前は冬にお客さんが増える⁉︎【2月振り返り・前編】︎(透明書店バックヤード13)

        「透明書店バックヤード」に参加すると最後まで読めます

        蔵前は冬にお客さんが増える⁉︎【2月振り返り・前編】︎(透明書店バックヤード13)

        蔵前は冬にお客さんが増える⁉︎【2月振り返り・前編】︎(透明書店バックヤード13)

        棚貸しのコンセプトは「独立したい系書店」(透明書店バックヤード12)

        「透明書店バックヤード」に参加すると最後まで読めます

        棚貸しのコンセプトは「独立したい系書店」(透明書店バックヤード12)

        棚貸しのコンセプトは「独立したい系書店」(透明書店バックヤード12)

        【メンバーシップ会員限定】透明書店店長遠井の透明日報 | 5月編

        「透明書店バックヤード」に参加すると最後まで読めます

        note「freeeが書店をつくります」で公開中の透明書店店長遠井の透明日報。 公開時期の関係で9月以降の日報から始めていましたが、メンバーシップ会員限定でオープン日の4月21日から9月までの日報も公開することにしました! 1ヶ月ごとにまとめて順次公開しますので、開業初期からの変遷を、日報を読みながら追体験して頂ければと思います。 5月1日 月曜日

        【メンバーシップ会員限定】透明書店店長遠井の透明日報 | 5月編

      記事

      • 【freeeつばめの巣 Meet up! vol.13 「どう考える?freeeプラン改定/どうしてる?業務委託管理」】 参加レポート

        みなさまお疲れ様です、都内のPR会社で二年目経理をしております、サンノと申します。 今回は2024年4月24日(水)に開催された freeeつばめの巣 Meet up! vol.13 「どう考える?freeeプラン改定/どうしてる?業務委託管理」 に参加しましたので、そちらをレポートしていこうと思います。 【freee つばめの巣】は一言で言うとクラウド会計ソフト freee会計のユーザーコミュニティです。 詳しくは以前こちらでご案内しているので、 ご興味ありまし

        【freeeつばめの巣 Meet up! vol.13 「どう考える?freeeプラン改定/どうしてる?業務委託管理」】 参加レポート

        透明書店店長遠井の透明日報 2024/4/01 - 4/07 | 昨日今日でチケット売上が伸びて、最終的には二桁には達しました。お話もおもしろく、「個人」が商いをやることの意味を考えさせられました。

        スモールビジネスを深く知るため、「透明書店」をつくったfreee。店名の「透明」が示すのは、“ありのままの情報をオープンにしていく”という決意です。もっと透明であるために。店長遠井が記録する業務日誌をリアルにお届け! 月ごとの連載『お金まわり公開記』では、こぼれてしまっていた日々の小さなお金の動きやエピソードを発信しています。 4月1日 月曜日天気:☁️ → ☂️ 売上:¥12,135(8件) 出版社の方がご来店。また4/13,14の小さい出版社フェスにdZEROさん

        透明書店店長遠井の透明日報 2024/4/01 - 4/07 | 昨日今日でチケット売上が伸びて、最終的には二桁には達しました。お話もおもしろく、「個人」が商いをやることの意味を考えさせられました。

        透明書店店長遠井の透明日報 2024/3/25 - 3/31 | 1日の売上2400円。もしかして過去最少?ヒロシのネタを言いたくなるぐらいお客さまも人通りも激少なだった

        スモールビジネスを深く知るため、「透明書店」をつくったfreee。店名の「透明」が示すのは、“ありのままの情報をオープンにしていく”という決意です。もっと透明であるために。店長遠井が記録する業務日誌をリアルにお届け! 月ごとの連載『お金まわり公開記』では、こぼれてしまっていた日々の小さなお金の動きやエピソードを発信しています。 3月25日 月曜日天気:☂️ 売上:¥2,400(1件) もしかして過去最少? ヒロシのネタを言いたくなるぐらいお客さまも人通りも激少なだっ

        透明書店店長遠井の透明日報 2024/3/25 - 3/31 | 1日の売上2400円。もしかして過去最少?ヒロシのネタを言いたくなるぐらいお客さまも人通りも激少なだった

        クラファンの目標達成👏 棚貸しスペースOPENに向けて、着々と準備中です! 【3月振り返り】︎(透明書店バックヤード15)

        メンバーシップに加入すると全編(29:54)を視聴することができます。

        クラファンの目標達成👏 棚貸しスペースOPENに向けて、着々と準備中です! 【3月振り返り】︎(透明書店バックヤード15)

        メンバーシップ限定

        クラファンの目標達成👏 棚貸しスペースOPENに向けて、着々と準備中です! 【3月振り返り】︎(透明書店バックヤード15)

        「残高が合わない」「マニュアルが複雑すぎ」頭を抱える経理担当に認定アドバイザーがアドバイス

        透明書店を舞台に、実務と実験をおこなうプロジェクト「くらげ会」。freee社内からさまざまなスキルを持つ有志メンバーが集い、通常業務の傍ら、さまざまな試行錯誤を重ねています。そんなくらげ会メンバーのリアルな姿に迫る『現場奮闘記』。 今回登場するのは、2024年3月まで会計・経理を担当していたタイジュさん、リコさん、そして「くらげ会秘書」として活躍しているロッキーさん。透明書店の煩雑な経理業務をどう乗り越えたのか。どんな課題に直面したか。リアルな経験談に迫ります。記事後半では、

        「残高が合わない」「マニュアルが複雑すぎ」頭を抱える経理担当に認定アドバイザーがアドバイス

        透明書店店長遠井の透明日報 2024/3/18 - 3/24 | 「最近できたお店ですか?」と尋ねられた。あとひと月で1周年です。

        スモールビジネスを深く知るため、「透明書店」をつくったfreee。店名の「透明」が示すのは、“ありのままの情報をオープンにしていく”という決意です。 もっと透明であるために。店長遠井が記録する業務日誌をリアルにお届け! 月ごとの連載『お金まわり公開記』では、こぼれてしまっていた日々の小さなお金の動きやエピソードを発信しています。 3月18日 月曜日天気:☀️ 売上:¥33,262(10件) 本日は遠井さんがお休みのためロッキーが投稿します🥊 3/20(水祝)に営業する

        透明書店店長遠井の透明日報 2024/3/18 - 3/24 | 「最近できたお店ですか?」と尋ねられた。あとひと月で1周年です。

        【4月でオープン1周年】初の黒字化を目指し豪華イベントを計画中

        2023年4月、東京・蔵前に開店した「透明書店」。オープン以来、売上や経費などを『お金まわり公開記』で赤裸々にお伝えしています。今回明らかにするのは2月の実績。厳しい寒さが続くなか、売上はどうだったのか。聞き手はライターの安岡晴香さん。透明書店の代表を務める岩見俊介が、包み隠さずお話しします。 「PayPayポイント還元キャンペーン」が実績を底上げ――2月は、東京23区でも大雪警報が発令されるなどかなり冷え込みました。売上はいかがでしたか? 岩見: 売上は、832,935

        【4月でオープン1周年】初の黒字化を目指し豪華イベントを計画中

      • 導火線の解剖学

        What's ありバク?freeeでは、毎年2/14のバレンタインに日頃お世話になっている人へ感謝の気持ちを伝え、「"あり"がとう」を大"バク"ハツさせるイベントを開催しています。ありバクは、すべてのfreeers(freeeではたらく仲間)が参加できる社内イベントです。このnoteではありバクの運営メンバーでのイベントについての振り返りをお届けします! 自己紹介爆発する会社規模・出社人数dakara:「ありバク」はfreeeの数あるイベントの中でも、みんなが一番楽しみにし

        透明書店店長遠井の透明日報 2024/3/11 - 3/17 | 浅草台東館でおこなわれていた紙博帰りと思しき方たち3名が、飲み物を購入され休んでいかれた!

        スモールビジネスを深く知るため、「透明書店」をつくったfreee。店名の「透明」が示すのは、“ありのままの情報をオープンにしていく”という決意です。 もっと透明であるために。店長遠井が記録する業務日誌をリアルにお届け! 月ごとの連載『お金まわり公開記』では、こぼれてしまっていた日々の小さなお金の動きやエピソードを発信しています。 【お知らせ】 透明書店では定期的にイベントを開催しています! 興味のあるイベントがあったらぜひお気軽にお申し込みください。 オンラインショ

        透明書店店長遠井の透明日報 2024/3/11 - 3/17 | 浅草台東館でおこなわれていた紙博帰りと思しき方たち3名が、飲み物を購入され休んでいかれた!

        透明書店店長遠井の透明日報 2024/3/04 - 3/10 | 「X 見てます」と言っていただく。不意に言われるとけっこう励みになる

        スモールビジネスを深く知るため、「透明書店」をつくったfreee。店名の「透明」が示すのは、“ありのままの情報をオープンにしていく”という決意です。 もっと透明であるために。店長遠井が記録する業務日誌をリアルにお届け! 月ごとの連載『お金まわり公開記』では、こぼれてしまっていた日々の小さなお金の動きやエピソードを発信しています。 3月4日 月曜日天気:☀️ 売上:¥29,106(7件) クレカ利用→ミネラルウォーター、排水口ネット 透明書店にとても興味を持ってくださ

        透明書店店長遠井の透明日報 2024/3/04 - 3/10 | 「X 見てます」と言っていただく。不意に言われるとけっこう励みになる

        【マズい…】フェアを実施するのに、肝心の本が届かない!?慌てて出版社に問い合わせ…

        2023年4月、東京・蔵前に開店した「透明書店」。本連載『お金まわり公開記』では、オープン以来、売上や経費などをありのままにお伝えしています。今回は、1月の実績をお伺いします。2024年はいいスタートを切れたのでしょうか。聞き手はライターの安岡晴香さん。透明書店の代表を務める岩見俊介が、リアルな現状をお話しします。 「推し本」がわかりやすいように、面陳を増やした――1月の数字がまとまりました。手応えはいかがでしたか? 岩見: 売上は771,712円と、先月より20万円弱

        【マズい…】フェアを実施するのに、肝心の本が届かない!?慌てて出版社に問い合わせ…

        ギャラリースペースでの新たな試み、『東京となかよくなりたくて』展を開催! 【2月振り返り】︎(透明書店バックヤード14)

        メンバーシップに加入すると全編(31:19)を視聴することができます。

        ギャラリースペースでの新たな試み、『東京となかよくなりたくて』展を開催! 【2月振り返り】︎(透明書店バックヤード14)

        メンバーシップ限定

        ギャラリースペースでの新たな試み、『東京となかよくなりたくて』展を開催! 【2月振り返り】︎(透明書店バックヤード14)