マガジンのカバー画像

freeeが書店を作ります

69
スモールビジネスをもっと理解するため、freeeは2023年4月、東京・蔵前に『透明書店』をオープンしました。この連載では書店を開くための準備から、開店後の経営状況まで、リアルな…
運営しているクリエイター

記事一覧

蔵前で小さな書店をオープン。1年経って気づいた15のこと【振り返り最終回】

2023年4月、東京・蔵前にオープンした「透明書店」。本連載『お金まわり公開記』では、開店か…

16

【ついに黒字化】オープン1周年でようやく達成!売上264万円、営業利益35万円【過去最…

2023年4月、東京・蔵前に開店した「透明書店」。本連載『お金まわり公開記』では、オープンか…

134

【書店×AI】棚貸し事業スタート!IT企業ならではのエッセンスを加えたくて……

freee社内の有志メンバーが、透明書店を舞台に実務・実験をおこなうプロジェクト「くらげ会」…

22

透明書店店長遠井の透明日報 2024/4/29 - 5/5 |ご近所の店員さんがいらして、両替し…

スモールビジネスを深く知るため、「透明書店」をつくったfreee。店名の「透明」が示すの…

9

【売上135万円達成!】オープン12ヶ月目にして過去最高。黒字化まであと少し!

2023年4月、東京・蔵前に開店した「透明書店」。本連載『お金まわり公開記』では、毎月の売上…

38

透明書店店長遠井の透明日報 2024/4/22 - 4/28 | トークイベントゲストの和氣さん…

スモールビジネスを深く知るため、「透明書店」をつくったfreee。店名の「透明」が示すの…

9

透明書店店長遠井の透明日報 2024/4/15 - 4/21 | 4月20日、オープン1年目最終日にして単日最高益更新!!

スモールビジネスを深く知るため、「透明書店」をつくったfreee。店名の「透明」が示すのは、“ありのままの情報をオープンにしていく”という決意です。もっと透明であるために。店長遠井が記録する業務日誌をリアルにお届け! 月ごとの連載『お金まわり公開記』では、こぼれてしまっていた日々の小さなお金の動きやエピソードを発信しています。 【お知らせ】 透明書店では定期的にイベントを開催しています! 興味のあるイベントがあったらぜひお気軽にお申し込みください。 オンラインショッ

透明書店店長遠井の透明日報 2024/4/8 - 4/14 | 『すてきな小さい出版社フェス』が…

スモールビジネスを深く知るため、「透明書店」をつくったfreee。店名の「透明」が示すの…

14

透明書店店長遠井の透明日報 2024/4/01 - 4/07 | 昨日今日でチケット売上が伸びて…

スモールビジネスを深く知るため、「透明書店」をつくったfreee。店名の「透明」が示すの…

27

透明書店店長遠井の透明日報 2024/3/25 - 3/31 | 1日の売上2400円。もしかして過去…

スモールビジネスを深く知るため、「透明書店」をつくったfreee。店名の「透明」が示すの…

21

「残高が合わない」「マニュアルが複雑すぎ」頭を抱える経理担当に認定アドバイザーが…

透明書店を舞台に、実務と実験をおこなうプロジェクト「くらげ会」。freee社内からさまざまな…

11

透明書店店長遠井の透明日報 2024/3/18 - 3/24 | 「最近できたお店ですか?」と尋…

スモールビジネスを深く知るため、「透明書店」をつくったfreee。店名の「透明」が示すの…

17

【4月でオープン1周年】初の黒字化を目指し豪華イベントを計画中

2023年4月、東京・蔵前に開店した「透明書店」。オープン以来、売上や経費などを『お金まわり…

18

透明書店店長遠井の透明日報 2024/3/11 - 3/17 | 浅草台東館でおこなわれていた紙博帰りと思しき方たち3名が、飲み物を購入され休んでいかれた!

スモールビジネスを深く知るため、「透明書店」をつくったfreee。店名の「透明」が示すのは、“ありのままの情報をオープンにしていく”という決意です。 もっと透明であるために。店長遠井が記録する業務日誌をリアルにお届け! 月ごとの連載『お金まわり公開記』では、こぼれてしまっていた日々の小さなお金の動きやエピソードを発信しています。 【お知らせ】 透明書店では定期的にイベントを開催しています! 興味のあるイベントがあったらぜひお気軽にお申し込みください。 オンラインショ