見出し画像

透明書店店長遠井の透明日報 2023/12/04 - 12/10 | 不透明な部屋で貸し棚が始まることをお連れの方と話している方がいて、記事が読まれていることを実感した

スモールビジネスを深く知るため、「透明書店」をつくったfreee。店名の「透明」が示すのは、“ありのままの情報をオープンにしていく”という決意です。
もっと透明であるために。店長遠井が記録する業務日誌をリアルにお届け! 月ごとの連載『お金まわり公開記』では、こぼれてしまっていた日々の小さなお金の動きやエピソードを発信しています。


【お知らせ】

1月のイベント情報
1/12(金)19:30〜
「デザインのミカタ」を身につけ無限のセンスを手に入れるセミナー 〜セミナーの学びを活かして書籍・書店をデザイン目線で楽しんでみよう!〜
1/18(木)19:30〜
素敵な本屋のつづけ方-双子のライオン堂編-

12月04日 月曜日

天気:☀️
売上:¥9,934(4件、うちECサイト1件)

  • とあるショップの方が来店、ポップアップ販売のために不透明な部屋のレンタルを希望。今までの使用事例や、いりぐち棚での展開もあることを説明。メールで詳細送っていただくよう依頼。

    • この方はオンライン販売やポップアップ、各種出張販売を手掛けていて、扱っているものは工芸品。

12月05日 火曜日

定休日

12月06日 水曜日

定休日

12月07日 木曜日

天気:☀️
売上:¥31,220(7件)

  • 地方で図書館をされている方が来店。岩見さんにイベントの懇親会でご挨拶されたとのこと。今日は用事があって東京に来られていて、透明書店がどのように"透明に"やっているかを見学にいらした(ご自分たちでも集まる場を始めたりされたいようで、そのための参考にとのこと)。

  • 『パリと本屋さん』著者パリュスあや子さんと版元のH.A.B松井さん来店。サイン本を作っていただく。

  • 岡田さんのオモコロの記事でご一緒されていた方が来店。おみやげをいただきました。

  • あわせがい平置きで売れた本

    • 『自立力を磨く』

    • 『ポップ設置で売れた本』

    • 『経済ってそういうことだったのか会議』

12月08日 金曜日

天気:☀️
売上:¥22,744(10件)

  • 岡田さんが出ている「旅のラジオ」を聴いてきましたというお客さま。岡田さんの著書を探しておられたので案内しました(『一歳の君とバナナへ』を購入されました)。

  • 出版社の方が来店。前職でfreee brand studioの社員と同僚だったとのこと。

  • あわせがい陳列で売れたもの

    • 『エミューちゃんと二人暮らし』

  • ポップ設置で売れたもの

    • 今日はなし

12月09日 土曜日

天気:☀️
売上:¥36,240(17件)

  • 16時過ぎ、10名ほど一度にいらしてにぎやか。不透明な部屋で貸し棚が始まることをお連れの方と話している方がいて、記事が読まれていることを実感した。

  • 過去のイベント動画を vimeo にアップロードし直し、それらは有料アーカイブ視聴としてECサイトに載せました。(Peatixにも告知の形で載せています)

  • 『ポップ設置で売れた本』

    • 『常識のない喫茶店』

    • 『会計の世界史』

    • 『成長の技法』

12月10日 日曜日

天気:☀️
売上:¥21,520(10件、うちECサイト1件)

  • 本の翻訳に関わっている方が来店。同書の案内をいただく。また、この本の版元さんは今年立ち上がった小さな出版社とのことで、もしよかったら小さな出版社棚に入れることを検討していただけないか」とのこと。版元のタイトル数が年明けには増えるのでそのタイミングで発注しようと思います。

  • 返品をしました。

  • コンセプト棚の上に、コンセプト棚の存在と小さな出版社棚の存在をアピールする掲示を置きました。それに合わせて、コンセプト棚を「透明書店をあらわす本」と勝手に命名してしまいましたが……棚の各段にキーワードは残っているので勘弁してください。

  • ポップ設置で売れた本

    • 『「読む」って、どんなこと?』

    • 『経済ってそういうことだったのか会議』×2

  • あわせがいで売れた本

    • 『「分からない」という方法』

    • 『いいお店のつくり方』


デザイン:Samon inc. 編集:株式会社ツドイ 

お知らせ:note無料メンバーシップ「透明書店バックヤード」

透明書店をもっと身近に感じてもらくて、書店経営の裏話を語る無料のメンバーシップ『透明書店バックヤード』を開設いたしました!「参加する」ボタンを押すだけで、無料で気軽にメンバーになることができます。

中央に「透明書店バックヤード」のタイトルと本が画面中に散らばっているキービジュアル。

記事では盛り込みきれなかった、書店経営の裏側を不定期Podcastでお届けします。まるでバックヤード(従業員控え室)でくりひろげられるような愉快な内緒ばなしを、ぜひお楽しみください。



この記事が参加している募集

#仕事について話そう

110,851件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!