見出し画像

新卒3年目を迎えて、「自分がfreeeにいる理由」について考えてみた

**自己紹介**

freeeのSMB事業本部にて、パートナー事業部に所属している田坂日菜子と申します。
ニックネーム文化のある社内では「ひーやん」と呼ばれています。
本日は採用チームからお声がけいただき、筆を執らせていただきました!

新卒入社なので、入社経緯など新卒ならではの部分もあるかもしれませんが、所属している事業部で多数の中途入社メンバーを受け入れていることもあり、一緒に働くメンバーとして少しでもイメージを持っていただけたら嬉しいです。


◆freeeに入った理由

就職活動の話をする前に、少しだけ過去の話をさせてください。
(それよりも今の会社の雰囲気や業務のことを知りたい!という方は、次のカテゴリまでスクロールしちゃってください!)

<留学で芽生えた想い>

地元・島根県で生まれ育った私は、大学進学を機に大阪へ進学しました。
中学・高校時代から漠然と海外に対する憧れを持っており、進学先を選ぶときは「大学在学中に留学できるか・しやすいか」を軸に考えていました。

念願叶って大学間交換留学の制度を使って留学できることになり、留学先に選んだのはオランダ。
約1年間の滞在では、英語での授業と格闘しながら勉強勉強勉強・・の日々を過ごしました。同時に、現地の学生やファミリーと仲良くなったり、日蘭夫婦の間に生まれた子供たちのベビーシッターをしたりと、日本の学生生活ではなかなか交わらなかった人たちとの交流がたくさん生まれました。

冬は夜の長いオランダで、暖色の灯りを囲みながらたくさん語り合い、彼ら彼女らの人生に触れる中で、私は初めて「人生にはいろんな生き方・選択肢があっていい」ということを実感できました。回り道をしても、途中から違うことをしてもいいんだと心の底から思えたことで、自然と肩の荷が下りたような気がします。

帰国後、私は「自分の人生で本当にやりたいことは何か」という問いに向き合いながら、就活を進めていきました。
そこで生まれた答えの一つが、「将来、地元の島根で何か事業をやりたい」ということ。島根から大阪、大阪から海外へと越境体験を重ねる中で、一周まわって自分のルーツ・地元に興味を持つようになりました。
「島根が好きだけど、おもしろい仕事がないから帰れない」という声も多く聞こえる中、自分が愛着を持つ地域で、事業を起こし、雇用を生むことができないかと考えるようになりました。

ただ、その時点の私はまだ社会人経験もないヒヨッコの大学生。
まずは会社に属しながら事業を推進する経験を積み、人脈を作って地元に戻ることを目指そうと考えました。

<freeeと出会い、働くイメージが湧いた>

そこで出会ったのが、「スモールビジネスを、世界の主役に。」をミッションに掲げるfreee。島根で地域活動をする中で、島根のような地方にはエンタープライズ企業は非常に少なく、個人事業主を含むスモールビジネスが地域の活力となっていることを実感していたこともあり、freeeのミッションと自分のファーストキャリアが結びついたように感じました。

freeeの選考を進む中で印象的だったのは、採用チームの人だけではなく、現場で活躍する事業部のメンバーが続々と登場すること。よくある就活の落とし穴として、「選考で話す人と働くわけではない」という点に気をつけていたのですが、freeeではその心配はありませんでした。
選考で話すメンバーとのコミュニケーションが心地よく、でも刺激もあって、この組織で揉まれて成長するイメージを持てたことが、何よりの決め手になりました。

◆freeeに入ってみて感じたこと

<今までやってきたこと>

2021年4月に入社すると、まずは3ヶ月間新卒研修を兼ねた実務研修がありました。新卒のビジネス職全員でインサイドセールスの実務に取り組み、freeeの実務で必要な知識・スキルを身に付ける期間でした。
当時は16人の新卒ビジネス職全員で研修に取り組んだので、グループでの振り返りや1on1などを通じて、自分とメンバーそれぞれの強み・弱みに向き合い、フィードバックをし合う経験ができたことは一番大きな学びになりました。

新卒研修にて、経理業務体験の一場面。大量の紙と格闘しました。

3ヶ月の研修を経て決まった配属先は、「アライアンス事業部(現:パートナー事業部)」。簡単に説明すると、エンドユーザーとなるお客様に直接セールス活動を行う「直接販売」ではなく、パートナーである代理店を経由してセールス活動を行う「間接販売」を担う部署です。

アライアンス事業部では、新卒を受け入れるのは史上初。期待とプレッシャーを背負い、もう1人の同期と一緒に新しい環境へ飛び込むことになりました。

業務としては、協業先のお客様にfreeeを提案するフィールドセールスに取り組み、代理店を含むステークホルダーの多さに苦戦しながらも、提案の進め方を徐々に掴んでいきました。関係者が多いときほど、それぞれの立場に対してメリットを提示するというビジネスの心得のようなものも、この時期に体得できたことは大きかったです。
約1年ほどフィールドセールスとして数百社のお客様に対して提案を行い、日本のスモールビジネスが直面する課題や組織体制について、ぐっと解像度を上げることができました。

その後、ある大手代理店チャネルの立ち上げチームに任命され、パートナーセールスとしてのキャリアがスタートします。入社後、フィールドセールスとしてプロダクト知識とセールス経験を積んでいたことで、パートナーセールスにポジションチェンジした後も、自分なりの価値発揮の方法を見つけることができました。
新卒という真っ白なキャリアだったからこそ、最初にフィールドセールスとしてたくさん商談の機会を積み、自分の得意分野を作っておけたのは大きかったと思います。

<今やっていること>

代理店向けの営業を1年半ほど経験し、立ち上げたチャネルが軌道に乗り始めたところで、同部署内の企画ポジションを任されることに。現在は、採用・育成など事業部内の人的リソースに関わる企画を行う新設チームにて(チームといいながら最初は1人でした笑)、中途入社メンバー向けのオンボーディングを整備したり、事業部内の採用プロジェクトに取り組んだりしています。
オンボーディングに関しては、私自身が入社当時プロダクトの全体像を把握するのに苦労したり、膨大なインプットを前に優先順位がわからなくなったりと苦戦した経験が役に立ちました。4週間でプロダクト知識やSaaSの営業手法、事業部の方針などがキャッチアップできる内容を組み立て、早速直近の入社メンバーに対してオンボーディングを実施しました。

freeeには、「アウトプット→思考」という価値基準があり、まずアウトプットを出して、そこから思考を深めていく(ブラッシュアップしていく)という行動を重視しています。今回の施策はまさにその価値基準に則した動き方でした。
こういったオンボーディングに関わる内容は、素早くPDCAを回して内容をブラッシュアップすることが特に重要です。都度インプットすべき内容も変わるため、スピード感にこだわって実施し、オンボーディングを受けるメンバーも「改善すべき点は率直にフィードバックする」というスタンスで臨んでくれました。
このように、あらゆる施策がスピード感を持って実行されることは、メンバーにとっても「打席に立てる回数が増える」ことにつながります。新卒であっても、中途入社メンバーでも、手を挙げることで打席に立つことができ、その数だけ学びを得て成長につなげることができます。こういった環境があることで、社歴や年次に関わらずあらゆるメンバーに成長機会が担保されているのではないかと思います。

◆私がfreeeにいる理由

freeeに入社して丸3年が経った今、自分がfreeeにいる理由について考えてみたのですが、「自分が成長するために必要な人と環境があるから」というのが答えです。
もちろん組織のメンバーが働きやすいようにしたり、その先にいるお客様に対して価値を届ける、というのは大前提なのですが、能動的に今のfreeeにいる理由を考えると、一番大きな理由はそこにありそうです。

入社時からずっと、その時々の自分を見てくれる人がいて、フィードバックを求めればちゃんともらうことができる、と感じています。ポジティブなフィードバックだけでなく、ときには耳の痛いフィードバックももらい、その度に次の成長の壁を超えるべく試行錯誤してきました。
freeeには、目の前の仕事に向き合って成果を出すことで、さらにストレッチな目標にチャレンジできる環境があります。その環境を生かすことができる人は、freeeでたしかな成長実感を得られるのではないかと思います。その結果、より多くのパートナー企業やお客様に価値が届き、ビジネスインパクトを生み出すことにつながっていくはずです。

メンバーの数だけ”freeeにいる理由”があるはずなので、もしfreeeに興味を持ってくださった方は、カジュアル面談等でそれぞれの”freeeにいる理由”を聞いてみてください。
今回の記事が、リアルなfreeeについて少しでもイメージを持つことにつながれば嬉しいです。ここまで読んでいただきありがとうございました!


***お知らせ***

freeeは「スモールビジネスを、世界の主役に。」をミッションに掲げ、統合型経営プラットフォームを開発・提供し、だれもが自由に自然体で経営できる環境をつくっていきます。
そのために日本中にサービスを届けきれるよう、仲間を積極的に募集していますので、ご興味をお持ちくださる方はぜひ下記よりご連絡ください!

▽カジュアル面談ご希望の方はこちら
https://jobs.freee.co.jp/entry/casual-interview/

▽募集中の求人を確認した方はこちら
https://jobs.freee.co.jp/entry/career/

皆様からのご連絡を心よりお待ちしております!


この記事が参加している募集

#仕事について話そう

110,851件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!