マガジンのカバー画像

あえ共freee

104
freeeでの日々の取り組みを"あえて共有"しています。 freeeでの日々の取り組みや実験を広く共有することで、枠を超えて、会社や組織の今をもっとよくしたいと思っている人やバ… もっと読む
運営しているクリエイター

#マザーズ

固定された記事

発信するバックオフィス

はじめまして!「あえ共freee」です! 記念すべき初投稿は、ムーブメント研究所のariが担当し…

1年前

成長企業が「身の丈SR活動」で機関投資家と対話してみた

はじめにfreeeファイナンス統括の原です。freeeは、本年9月に上場後2回目となる定時株主総会を…

2か月前

株主総会議案と招集通知に込めたfreeeの思い

■はじめにfreeeコーポレートガバナンス室の廣瀨です。 今回も、先日2021年9月29日に行われた…

バーチャルオンリー株主総会を実現したfreeeのプラクティス

初めまして。freeeコーポレートガバナンス室の廣瀨史昂と申します。社内ではhiro(ひろ)やひ…

freeeの新たな挑戦を支えるIRプラクティス

freeeのファイナンスIRの重光です。 4/9に原が「freeeが海外公募増資に至るまでの思考過程」を…

海外公募増資の主要タスクと投資家マーケティング

freeeのファイナンスIRの内田です。 前回の原のnoteでは「なぜ144A且つ目論見書有りの海外公…

freeeが海外公募増資に至るまでの思考過程

freeeファイナンス統括の原です。3月22日に公表し、同25日に条件決定を行ったfreeeの海外公募増資を振り返り、ファイナンスIRチームの3人でnoteを書くことにしました。 今回は、私が、「なぜ今回公募増資をしたのか? その中で、なぜこの手法を選択したのか?」を書きたいと思います。 このnoteの目的 ~ スタートアップの上場後資本政策の一つの参考として スタートアップのIPOについては、ここ数年で、各社の経験が共有されるようになってきました。しかし、上場後の資金調

スキ
653

日本発SaaS企業としての責任感をシンプルに。freeeが決算説明資料に込めた「…

freeeファイナンス統括の原昌大と申します。(社内では「はらまさ」が呼称です。) freeeのフ…