マガジンのカバー画像

あえ共freee

104
freeeでの日々の取り組みを"あえて共有"しています。 freeeでの日々の取り組みや実験を広く共有することで、枠を超えて、会社や組織の今をもっとよくしたいと思っている人やバ… もっと読む
運営しているクリエイター

#IPO

固定された記事

発信するバックオフィス

はじめまして!「あえ共freee」です! 記念すべき初投稿は、ムーブメント研究所のariが担当し…

1年前

新卒2年目でfreeeグループの期末決算を統括する。その挑戦と成長の道のり

はじまりはじめまして、freee株式会社経理の木村です。 freee経理では、「決算統括」というポ…

成長企業が「身の丈SR活動」で機関投資家と対話してみた

はじめにfreeeファイナンス統括の原です。freeeは、本年9月に上場後2回目となる定時株主総会を…

1か月前

freeeの新たな挑戦を支えるIRプラクティス

freeeのファイナンスIRの重光です。 4/9に原が「freeeが海外公募増資に至るまでの思考過程」を…

海外公募増資の主要タスクと投資家マーケティング

freeeのファイナンスIRの内田です。 前回の原のnoteでは「なぜ144A且つ目論見書有りの海外公…

freeeが海外公募増資に至るまでの思考過程

freeeファイナンス統括の原です。3月22日に公表し、同25日に条件決定を行ったfreeeの海外公募…

9か月前

日本発SaaS企業としての責任感をシンプルに。freeeが決算説明資料に込めた「思い」

freeeファイナンス統括の原昌大と申します。(社内では「はらまさ」が呼称です。) freeeのファイナンスIRチームでは、投資家面談や、各種開示書類の準備、資本政策の検討などを行っています。 なぜ記事を書こうと思ったか?今回、決算説明資料について記事を書いてみることにしました。 「地味なテーマじゃない?」と思われたかもしれませんが、決算説明資料は、セルサイドアナリストや投資家とのコミュニケーションにおいて、自社の経営方針・業績を伝えるために使う重要なツールです。 決

スキ
185